Add Me!閉じる

当サイトは北海道科学大学未来デザイン学部人間社会学科のブログです。

Add Me!メインメニュー

今年の韓国研修旅行報告

kankoku1

景福宮内の慶会楼(キョンフェル)前で記念撮影

9月7日(日)から12日(金)にかけて、今年も5泊6日の日程で、韓国研修旅行に行ってきました。

今年はソウルに4日間、大田(大田)2日間滞在。ソウルでは景福宮などの李氏朝鮮時代の王宮や国立中央博物館などの見学、漢江クルーズや南山Nソウルタワー見学、北村韓屋村散策そしてNANTAやペインターズHEROなど世界的にも有名なパフォーマンスを観覧。盛りだくさんのスケジュールでした。

ペインターズHERO。アクションパフォーマンスをしながら、後にある絵を実際にその場で描きます。言葉をほとんど話さないノンバーバル(nonverbal)パフォーマンスなので、外国人観光客から大人気。韓国には外国人観光客向けのノンバーバルパフォーマンスが数多くあります。

ペインターズHERO。アクションパフォーマンスをしながら、後にある絵を実際にその場で描きます。言葉をほとんど話さないノンバーバル(nonverbal)パフォーマンスなので、外国人観光客から大人気。韓国には外国人観光客向けのノンバーバルパフォーマンスが数多くあります。

大田市では恒例となった忠南大学校人文大学日語日文学科との学生間交流を行いました。今年で4回目になりますが、毎年歓迎していただいております。お互いに自己紹介プレゼンテーションに始まり、記念品の交換、学内の案内、そして交流会を行いました。

kankoku3
ところで、同じ大学でも国が違えば雰囲気や制度、設備もいろいろ違ってくるものです。毎年一番日本の学生が驚くのは図書館の大きさと、閲覧席がいつも満席状態になっているということです。韓国の大学図書館では、自習用の閲覧席は奪い合いになるくらい込み合います。韓国の学生は大学や図書間で勉強するという習慣があります。そして大学図書館は24時間開館していますので、席を確保すると、私物を置いて当分の間自分用の勉強スペースにしてしまいます。ですので、席には勉強用具以外にも、歯ブラシやらサンダルやら、日用品まで揃っていたりします。「昼寝をする場所にしている人も多い」と冗談半分に言いますが、日本の学生から見ると、「こんなに熱心に勉強しているの!?」と驚きつつ、自分の大学図書館はどれくらい活用されているのだろう、と考え込んでしまいます。
(記・梶谷)

Comments are closed.

アーカイブ

旧ブログアーカイブ