Add Me!閉じる

当サイトは北海道科学大学未来デザイン学部人間社会学科のブログです。

Add Me!メインメニュー

市民能楽を人間社会学科の学生がサポートしました!

琴似能楽の夕べ実行委員会と西区民センター運営委員会共催の第5回市民能楽を、人間社会学科の学生がサポートしました。
能楽1
去る8月23日(土)琴似神社境内の大きな松の前にて、今年で5回目となる「能 楽 ~謡・仕舞・舞囃子の夕べ~」が18時から開演された。
一昨年より、琴似地区のまちづくりに関わってきたご縁から、北科大本学科が今年から協力することになり、境内での能舞台設置作業から鑑賞客用椅子の設置、受付と会場内誘導、そして終了後の撤収・片づけ作業まで計8人の学生がサポートした。もちろん能楽の世界を知ったのも観るのも初めての体験であり、とても意義のある良い地域貢献・交流活動になった。
途中、雨が降り出したので会場を御社殿に移して再演するなど、ちょっとしたアクシデントがあったものの鑑賞する市民もなれたものでスムーズに自分で椅子を持ち、御社殿に移動し自分たちで位置取りをして鑑賞を続けていた。約200人のお客様の見事な連係プレーであった。

能楽4 能楽2
学生は、14時には琴似神社に集合し、終演後20時過ぎまで一生懸命裏方を務め、その作業ぶりを見ていた実行委員より、打ち上げ(反省兼ご苦労さん会)に招待され、とても喜んで札幌能楽会や実行委員の方々と飲食していた。雨の中での撤収・片づけ作業は実際にはとても大変な作業だったがみんな黙々と作業した結果、予定より少しの遅れただけで打ち上げに入ることが出来た。来年はまたどんな学生の顔ぶれで、このとても厳粛で素敵な地域文化を維持する(開演する)ために本学科が協力できるか楽しみである。
[*注:能を舞うシーンは担当以外撮影禁止]
(H26年8月25日:濱谷)

Comments are closed.

アーカイブ

旧ブログアーカイブ