Add Me!閉じる

当サイトは北海道科学大学未来デザイン学部人間社会学科のブログです。

Add Me!メインメニュー

上富良野町フィールドワーク①

出発の車内。みんなワクワク元気いっぱいです。

出発の車内。みんなワクワク元気いっぱいです。

平成26年7月3日〜5日の2泊3日、2年生の「地域振興プロジェクトゼミ」で上富良野町フィールドワークを実施しました。

フィールドワークとは、教室を飛び出し現場に出かけ、自分の目で見て、体験して、聞いて、調べて、考えるということ。

現代社会や地域に潜む問題を発見し、解決への道筋を考えるために。また、埋もれた地域資源を発見しさらに磨きをかけるために、フィールドワークは欠かせない調査研究です。

そして、こうしたフィールドワーク体験の積み重ねによって身につく、情報収集能力、分析力、コミュニケーション力、表現力といった力こそが、実社会に出たときに本当に役立つ人間力の土台となります。

合い言葉は「現場にこそヒントがある!」「事実に驚け!それはなぜかと深く考えよ!」

秋には、社会学専攻の1年生もはじめてのフィールドワークに出かける予定です。

まず訪ねたのは、富良野町の「フラノマルシェ」。成功の秘密を伺いました。

まず訪ねたのは、富良野町の「フラノマルシェ」。成功の秘密を伺いました。

ただ農産物を作るだけでなく、オーガニックな「にんじんジュース」や「ワイン」などを自分たちで生産し、消費者に直接届ける農業の6次産業化をすすめる多田農園。にんじんジュースの美味しさにみんなびっくり!

ただ農産物を作るだけでなく、オーガニックな「にんじんジュース」や「ワイン」などを自分たちで生産し、消費者に直接届ける農業の6次産業化をすすめる多田農園。にんじんジュースの美味しさにみんなびっくり!

暑かったこの日、多田農園の入口にあった湧き水のおいしさにほっと一息。

暑かったこの日、多田農園の入口にあった湧き水のおいしさにほっと一息。

※上富良野町と北海道科学大学は、平成23年8月に、人的・知的資源、施設および情報などについてより一層の協力関係を深めることを目的に「地域連携協定」を締結しており、このフィールドワークも上富良野町の親身なご協力のもと実現しました。

Comments are closed.

アーカイブ

旧ブログアーカイブ